強迫性障害を発症しやすい主な年齢層はどれくらいなの?

不安

強迫性障害にかかりやすいのは、一体どのくらいの年齢層であるか分かりますか?
早い人では、10代で発症することがあるそうです。

 

10代と言えばまだ思春期にあたり、精神的にも未熟で感情も露わにしやすい年頃でしょう。
家族の支えが必要な時期ですね。

 

比較的強迫性障害は、若い頃に発症しやすいと言われています。
若い頃からじわじわと強迫性障害が進化しているケースもあるのです。

 

早期のうちに気が付いて、治療をしていくことが最善でしょう。

 

強迫性障害の発症年齢は19歳頃から

 

強迫性障害が発症しやすい年齢は、平均で19歳から20歳前後だと言われています。

 

子供の強迫性障害は、親が気付きにくいこともありますね。
その子の性格や性質だと思って、見逃してしまうこともあるでしょう。

 

10代は、精神的にも難しい年頃になるので、強迫性障害なのか、ただのこだわりなのか親が見抜けずに進んでしまうこともあります。

 

10代の頃には、強迫性障害だと思わずに、徐々に悪化していき最終的に大人になってから治療を開始すると言うケースもあるのです。

 

発症年齢が大体19歳前後だと言うことで、その頃の行動などを見守っていくことにしましょう。

 

若い頃に発症しやすい病気だと言う認識でいたいですね。
若い頃の単なる感情や行動に過ぎないと思って、放置しておくのは良くありません。

 

早期発見の為にも、若い時期の行動などを見過ごさないようにしたいですね。

 

男女で差もあります

 

強迫性障害は女性が大体20歳から25歳で発症するのに対して、男性の方は19歳から20歳くらいの割合で発症しています。

 

思春期や青年期の始まりに発症しやすいことが分かるでしょう。
この頃になると、精神的なストレスや子供から大人に切り替わる時期で不安定になることも少なくありません。

 

強迫性障害だと気が付かずに、ストレスや情緒不安定で片づけてしまうこともあるでしょう。

 

男性の方が少し早く発症し、女性は大体20歳くらいからのケースは多いのです。
強迫性障害は、このように若い時期から着実に進んでしまいます。

 

大人になってからではその症状が進行しすぎてしまって、本人も家族も非常に困ってしまう場合もあるでしょう。
なるべく早い段階で気が付きたいものですね。

 

高齢になってから発症するケースは珍しい

 

強迫性障害は、若い頃から継続して大人になってその症状が重症化するケースがほとんどです。

 

ですから、高齢の方がいきなり強迫性障害を発症してしまうケースは珍しいと思いましょう。

 

稀にうつ病に合併して発症することもあるので、高齢の方は合併に注意していく必要があります。

 

強迫性障害は若い時期に発症しやすいと言うことをまずは頭に入れて、注意していきたいですね。

 

高齢になってからよりも、精神的に不安定な若い頃の方が強迫観念に捕われやすいと言うことになるのです。

 

経験が浅かったり、未来を悲観するなどして精神的なストレスがかかりやすいのも若い頃だと考えて良いでしょう。

 

強迫性障害は知らない所で徐々に進行する病気です。
気が付いた時には、進行してしまっているケースが多いと言われています。

 

進行を防ぐには、やはり若い頃から自分、もしくは家族の行動を見守ることが大事でしょう。

 

まとめ

 

強迫性障害は、比較的若い頃になりやすいと言うのは驚くべき事実ですね。
大人になってからいきなりなるのではなく、実は知らない所で強迫性障害が進行していたと言うことになります。

 

強迫性障害の症状はうつ病やその他疾患に似ている部分もあり、見抜きにくいこともあるでしょう。

 

病院の専門家の診断で、強迫性障害を引き起こしているかどうかが分かるようになります。

 

強迫性障害に特化している病院もありますから、専門の分野で治療していくことにしましょう。

 

思春期になりやすいことで、周囲も強迫性障害なのか精神的に不安定なのか分かりづらいと言うことがあります。
出来れば、早めに病院を受診して治療に取り掛かるようにしましょう。