強迫性障害により家族が大迷惑?家庭や周囲への影響について

家族

強迫性障害の中の巻き込み型になってしまうと、周囲の人を巻き込んで迷惑をかけることがあります。
特に家族は一緒に暮らしていますから、強迫性障害の考えに混乱することもあるでしょう。

 

強迫性障害を理解されない苦しみで、患者自身も辛いのですが、サポートする家族も非常に辛い思いをするのです。

 

巻き込み型は、家族に迷惑をかけることが多々あると言われています。
ここでは、家庭や周囲にかける迷惑や影響について考えていきましょう。

 

家族にかかる迷惑について

 

巻き込み型の強迫性障害の場合、周囲を巻き込みながら強迫観念と戦うことになるでしょう。

 

例えば手を洗うことを強制したり、確認することを自分だけでなく家族に押し付けるケースなどもあります。

 

家族が仕事をしていても、仕事先に何度も連絡してきて確認する行動が目立つのです。
家にいる時はまだ良いですが、会社にまで何度も連絡してきたら会社の人の目もあります。

 

家族が途方にくれることも多くなるでしょう。

 

家族は、強迫性障害を理解しようとするのですが、その手助けすら違うとはねのける患者も多いと言われています。

 

どのように接したら良いのか、どのように解決すれば良いのか途方にくれるケースもあるのです。

 

患者や病気のことをよく理解して、一緒に治療していくと言う気持ちでいることが大事でしょう。

 

誰よりも辛いのは患者本人です

 

強迫性障害を手伝ってあげたいと思う家族の気持ちは皆同じでしょう。
しかし、その手伝いが逆効果を生むことがあるのです。

 

手伝ってあげることが逆効果になると知っていても、やはり同居する家族ですからアドバイスや手助けをしたくなるのが本音でしょう。

 

見守ってあげたいと思っても、強迫観念があまりにも強く、家族を巻き込んでいる場合には家族も苦しむことになります。

 

しかし患者にとって家族から見放されたり気持ちを理解されないのが、一番辛いことになるのです。

 

誰よりも辛いのは、強迫性障害になっている本人であることを考えてあげましょう。

 

本人の気持ちを想像したり、寄り添うこと、一緒に居ることで患者本人も穏やかな気持ちになれます。

 

家族は病気の悪化の手助けをするのではなく、家族自身の意識を変えるように努力していきましょう。

 

家族も一緒に変わろう

 

家族が手助けをする場合には、家族が病気のことを一番に理解してあげることが大事です。
患者の要求にこたえることは、家族も一緒に強迫性障害に巻き込まれると言う意味ですね。

 

これでは、解決になるどころか、皆が巻き込まれて辛い思いはさらに倍増します。

 

まずは、強迫行為の手助けをしない意思を本人に伝えましょう。

 

強迫性障害は、とても辛いものですが、強迫行為を止めようと思っていてもやめられない辛さは本人にしか理解できないこともあります。

 

その気持ちに寄り添うように、気持ちを分かってあげることも重要でしょう。
さらに、何か少しでも出来るようになったらたくさん褒めてあげることも大事です。

 

自分が強迫観念から解放されて、認められたと感じるようになると患者自身も嬉しくなります。

 

家族ももちろん嬉しいですし、徐々に出来ることが増えていけば、良い方向に向かっているサインになるでしょう。

 

モチベーションを上げる為にも、出来たことに対してはたくさん褒めることが良いのです。
出来なかったことは、責めずに見守ってあげましょう。

 

  • 強迫行為の手助けをしない
  • 気持ちに寄り添う
  • 出来たことをたくさん褒める

と言う方向で家族がサポートする必要がありますね。

 

まとめ

 

強迫性障害の家族は、患者の強迫行為や、それを強要されることに疲れ困りはててしまうケースが多いのです。

 

治療が長期に亘ると患者も家族も憔悴してしまいます。
本人の気持ちを全てわかってあげることは難しいことです。

 

普通の考えではないような行動をするので、家族が混乱することは避けられません。

 

気持ちは分からなくても、気持ちに寄り添ってあげることは出来ますね。
気持ちに寄り添いながら、行動を見守ってあげましょう。